投手力を高め、埼玉の頂点を掴みたい 〜西武学園文理高等学校硬式野球部 投手力育成プロジェクト〜

  • 控除対象外

現在の寄付総額

0円

0%

目標金額 1,000,000円

支援者数
0人
締め切りまで残り
160
寄付で応援

プロジェクト概要

強豪校と対等に戦える投手の育成、
そして強いチームへ。
天気に左右されずに投球練習がしたい!
ブルペンに屋根を設置して叶えたい!

こんにちは!西武学園文理高等学校 硬式野球部です。西武文理野球部では、目的である社会に出て貢献できる人間的成長と目標である甲子園出場を目指し日々活動をしています。

このプロジェクトを立ち上げた背景

文理野球部は、目的・目標に向かい4つの柱で部員全員が考動(考えて動く)しています。主体性を強化するブレインストーミング型のミーティング・役割分担・肉体改造・日々の練習…等。

成長を重ね、自分たちでできるベストをつくして、最後まで責任感をもってやりぬくチームになりました
この夏、本気で初の甲子園出場を目指せるチームにまで、力をつけてまいりました。

しかし、自分たちの努力ではどうにもならないことがあります。

それは投球練習場(ブルペン)に屋根がなく、
雨の日に投球練習ができないこと…

今回、皆様のお力を借りて、ブルペンに屋根を設置し、天気関係なくコンスタントな練習ができるようになりたい。甲子園出場の強豪校とも対等に戦えるようになりたい。

そんな思いでプロジェクトを立ち上げました。

このプロジェクトを通じ、チームとして一つ上のステージにすすめられるようにしていきます。何卒宜しくお願い致します。

~42期団の戦績~

2023年秋季埼玉県大会
○2回戦 vs本庄東 7-3
●3回戦 vs花咲徳栄 1-17(5回コールド)

埼玉県ベスト16

2024年春季埼玉県大会
○1回戦 vs武蔵越生 13-12(11回タイブレーク)
○2回戦 vs山村国際 9-3
●3回戦 vs山村学園 0-7

埼玉県ベスト16 夏の大会 Dシード校

この夏の目標は初の甲子園

秋の大会では埼玉県屈指の強豪校、花咲徳栄高校との対決でした。自分たちの信じた野球を貫き挑みましたが結果は惨敗。改めて強豪校の壁を感じました。
その悔しさを糧にチーム一丸となって冬の強化期間には、食事・トレーニングによる「肉体改造」に加え、文理野球部の柱の一つ「ミーティング」の質も高めていきました。そして迎えた春の大会。埼玉県ベスト16の結果を残し、7年ぶりに夏の大会のシード権を獲得しました。勢いそのまま、夏の大会も勝ち進んでいきます!

文理野球部の柱の一つ「ミーティング」について

↑チームに必要なことを考える「ブレインストーミング」

選手がチームに対して自分ごとにならないと強くなっていけない。できるだけ多く発言してもらうように育成をつづけてきました。
試合の結果に応じて練習メニューを自分たちで考えたり、隔週のMTGは生徒同士で行っています。一人ひとりに役割分担を与えて、インプット・アウトプット能力を高め、活発なコミュニケーションに繋げています。これらの継続が、選手の意欲と責任の高まりとなり、自主性をもって練習にとりくめるチームになりました!自分たちで決めたことだから最後までやりきるという責任感が生まれたことが大きな財産です。

自分自身の体をコーディネートするための『インボディ測定』『食事調査』

自分の体を自分でコーディネートしないと意味がなく、自分の体がどうなのかを数値でみることで、自身の体をコーディネートしています。

女子栄養大学にお願いをしてインボディ測定・食事調査を13年継続しています。

①測定

月に1度、インボディ測定で、体重・骨格筋量・除脂肪量など体の部位別の数値をはかります。鍛えた箇所がきちんと結果に現れているか、トレーニングや食事が適切であるのかの分析をします。

⓶食事調査

月に1度、食事調査シートを記入し、女子栄養大学の学生に栄養計算をしてもらっています。一人一人の目標や体格に合わせて分析した結果のフィードバックを受けています。上級生になるにつれて、目標との現状の差を埋められるようになり、理想の体作りができるようになってきました。

~監督からのメッセージ~ 

今後も地域から応援されるチームを目指し、4つの柱で甲子園を掴みたいと思います。

① 基本考動 (挨拶 返事 姿勢 道具 整理整頓 全力疾走 時間)この7つに関しては社会で通用するレベルまで高めます。

② 役割分担 選手に一人一人には役割が与えられ、自分事として野球部をマネージメントし、様々な能力を養います。

③ ミーティング 選手間ミーティングを大切に、受信力と発信力を高め日々コミュニケーション能力を磨いています。

④ 野球ノート 日々記入することにより、体験を経験に変えて成長をしています。また、指導者とのコミュニケーションツールとしても活用しています。

是非、応援よろしくお願い致します。

~プロジェクトの目的~

頂戴しましたご支援はブルペンの屋根設置費用に活用いたします。

ご支援が目標金額に満たない場合でもすべて上記の「プロジェクトの目的」の用途に活用させていただきます。
ご支援が目標金額を超えた場合は、上記の「プロジェクトの目的」のほか、チーム運営資金(来年度以降の活動など)として活用させていただきます。

~プロジェクトの目標金額と受付期間~

目標金額:1,000,000円
受付団体:西武学園文理高校硬式野球部
受付期間:2024年7月9日~2024年12月31日
(受付状況により予定を変更する可能性があります。)

~ご支援くださった方への感謝(リターン)~

ご支援くださった皆様に、選手直筆のお礼状を送らせて頂きます。

~領収書発行と寄付金控除について~

本プロジェクトは寄付金控除対象外プロジェクトとなりますので、原則として領収書は発行いたしません。なお、寄付受付完了後の通知メールに寄付いただいた金額が記載されておりますので、それを領収書に代えさせていただきます。

しかし、企業様等で領収書が必要な場合のみ発行させていただきます。
尚、領収書の発行時期は寄付頂いた翌月20日以降となります。

※領収書に関して基本的にはメールにて発行させて頂きますのでご了承ください。

~連絡先~

西武学園文理中学・高等学校
04-2954-4080(平日9:00~17:00)

文理野球部HP https://seibubunri-baseballteam.jimdofree.com/

 

関連ポスト

寄付する

投手力を高め、埼玉の頂点を掴みたい 〜西武学園文理高等学校硬式野球部 投手力育成プロジェクト〜の支援

{{ payment | number_format }}

{{ message }}

    ボタンを複数回押して寄付金額の調整ができます。

    投手力を高め、埼玉の頂点を掴みたい 〜西武学園文理高等学校硬式野球部 投手力育成プロジェクト〜を定期的に支援

    定期支援について

    月額: {{ payment | number_format }}

    {{ message }}

      ボタンを複数回押して寄付金額の調整ができます。